チアーコンセプト

▶ 費用対効果を求める制作

 

チアー費用対効果

様々なデザイン制作に欠かす事ができないAIDA理論

人は考え、そして行動します。その行動までの流れを、じっくりと考え、様々なデザイン制作物
に応用し、効果的に生かす事がAIDA理論です。目につくように注意からはじまり、興味や感心
へうながし、欲求に発展。そして行動を起こさします。
例えば、ホームページ制作を例に挙げると。

AIDA理論・注意

Attention(注意)

Attention(注意) は検索してアップする事ができるSEO対策です。いくら良い商品や新着情報
を更新しても、ユーザーに閲覧してもらわなければ、意味がありません。また、PCからの閲覧だ
けではなく、スマートフォンやiPadなどのモバイルからも閲覧できるサイトが標準になりつつです。

AIDA理論・興味感心

Interest(興味・感心)

Interest(興味・関心) はトップページのデザイン。人という所の第一印象です。3秒ルールという
言葉があり、国や言葉の違うどんな方達が閲覧しても、何のショップや企業なのか?3秒で解る事が
とても重要です。ショップや企業のカラーなどレイアウトの技術が必要になってきます。

AIDA理論・欲求

Desire(欲求)

Desire(欲求) は、ホームページのコンテンツです。ユーザーが、次のページを閲覧したくなる仕組
みや内容です。商品の画像などがとても効果的でもあり、ユーザーの欲求に答えてくれる情報を文章
で提供する。そうする事により、ユーザーの欲求に答え、次のアクションへ進んでもらう事が可能に
なってきます。

AIDA理論・行動

Action(行動)

Action(行動) は、ユーザーが感じる安心感や信用性です。 つまり、この商品を買おうと思って貰う
事です。ユーザーにこう思ってもらえれば、あとはショップで自慢の商品を作りあげるだけです。


チアーワードプレスページへ

トータルデザインプロデュースcheer(チアー)でのデザイン制作
をご依頼するにあたって。

cheer(チアー)では、お客様の夢や目標への実現にあたり、できる限り企画の段階から参加さ
せていただけたらと思います。お客様とのコミニュケーションを大事にするとともに、お客様と
共に良い制作物を仕上げていきたいと考えています。

チアーお問い合わせ

チアーページトップへ